ドローン測量他・弊社の業務内容を分かりやすくご説明します

土地家屋調査士といって、なかなか馴染みがない方も多いのではないでしょうか。土地家屋調査士とは、土地の調査・測量・申請手続き等をお客様に代わって行い、土地や建物を法的に守るお手伝いをする仕事です。隣接の空き家調査や隣人との交渉能力が求められる奥が深い仕事です。本店をはじめ、福岡西店の事業所には実務経験を積んだスタッフが数多く在籍しております。ブログでは業務内容について分かりやすくご案内いたしますので、ぜひご覧ください。

ホームページ開設に伴い、今後ドローン測量(UAV測量)を中心に更新してまいります。

  • ロゴ

    UAV測量

    2020/01/24
    土地家屋調査士法人エビス 西店 調査士 フジイです。 12月にフライトを始めたドローン・UAV測量も既にフライトを20回超えてます。 最初は墜落して大丈夫そうな...
  • ロゴ

    ホームページ開設しました。

    2020/01/18
    土地家屋調査士法人エビスの溝浦です。 令和2年1月18日、本日よりホームページを開設致しました。

ご自宅と隣のお家の土地の境界線が分からないであったり、万が一相続が発生した際、どこからどこまでの土地を相続したらよいか分からないという場合がございます。これは土地の売買や建物の新築・増築、宅地の造成をする際にも確認が求められますので、不明瞭な場合には改めて不動産や土地の範囲を明確にするための境界標を設置することになります。なかなかこの仕事の流れやできることの範囲等が分かりにくいというのも現状ですので、まずはブログで業務の案内をできるだけわかりやすく行いたいと思います。お客様の大切な土地をお守りし、次世代にしっかりと引き継ぐためにも、まずはご自宅の土地や建物の状況を確認するところから始めてみてください。